書き溜め漂流記

食後すぐ横になるのが好きな人間の毎日。メランコリックと共存しています。

おにぎりの話

ブログを更新しない間にあっというまに季節が移り変わってしまっていた。

すっかりもう夏である。

 

桜をゆっくり見ようと思ったら春が終わり、過ごしやすい気候になったから外でランチでもしようと思ったら梅雨が近づいたり…

 

 

最近は他で執筆に力を入れていて仕事を何個も掛け持っているので、書く作業から離れたくなったり。

 

継続してジムに通ったり、コーヒーを飲む頻度を変えたり、美味しいコンビニのおにぎりに出会ったり。

 

それなりになかなか楽しく過ごしています。

 

 

そう、ずっとおにぎりの話を3週間ほど前から書きたかったんですよね。

 

セブンが好きでよくそこで食事を買うんですけど、そこのおにぎりコーナーのわさび飯が半端じゃないくらい美味しいんですよ。

 

ここ最近はそれにすっかりはまって3日に1回くらいは食べています。

鰹と昆布のダシが効いたおにぎりに、結構しっかりわさび漬が入っているんですけど、これがもう美味しいのなんのって。

 

よく料亭とか行って、割烹料理の締めに、お椀と土鍋で炊いたご飯が出るじゃないですか。混ぜご飯とか炊き込みごはんとか、シンプルに白米も美味しいですね。

 

シメなのに美味しくて食べちゃうんですけど、やっぱり食べきれなくって大将がその余ったご飯をおにぎりにして帰り際にお弁当でもたせてくれる。

翌日に前日持ち帰った弁当を朝食で食べようと開くと、そこに小ぶりなおにぎりが2つ。

頬張ってみると中からしっかりツンとしているけど、ちょっと甘みの効いたわさび漬が出てくる。このわさび漬けは女将が仕込んだお手製のもの。

冷めても美味しいおにぎりに、女将の愛がこもったわさび漬け。

 

この一手間が私をまたあの店に向かわせるのであった…

 

 

 

そんな光景が浮かびましたね。

 

いや本当に、ベストオブコンビニおにぎりだと思う。

これお茶碗に入れて軽くほぐしてお茶漬けにしても美味しそうだ、、

 

忙しくて試していないが卵乗っけたり、粉チーズかけたり可能性が無限大すぎる。

 

主張が強くないのになぜかインパクトのあるおにぎりなのだ。

 

 

そんなおにぎりに癒された最近の出来事なのでした。

 

はーやっとかけた。