書き溜め漂流記

食後すぐ横になるのが好きな人間の毎日。メランコリックと共存しています。

スーパーの話

今日は買い物にでかけた。

 

と言ってもスーパーに行っただけなのだが。

 

重い腰を上げて空っぽになった冷蔵庫の調味料たちを調達しにいった。

 

エコと節約を意識して普段は持たないエコバッグをもち、近所のスーパにでかけた。

 

 

びっくりしたのだが、ここのところ買い物に行っていなかったのでいつからそうなのかは知らないが

 

スーパで入場制限をしていた。

 

遠目にみると何やら入口で行列ができていて

 

おや…

 

安売りでもしているか、はたまたみんな慌ててバレンタインデーの材料でも買いに来たのか。

マスクの下でニヤニヤしながら向かうと。

 

コロナの影響だった。

 

 

日用品や食材を買う場所で入場制限だと…?

 

 

しょうがないのでとりあえず列に並んで入店を待つことに。

 

中から一組出てくるたびに次の一組が出てくるという仕組みだった。

3分ほど待っただろうか。

 

しかしスーパーで入場制限とは。

 

料理中なにか食材が足りないことに気がついて走って買いに来た人は可哀想だなとか。

 

トイレをちょっと借りたい人は可哀想だなとか。

 

そんなことを考えていた。

 

 

そうか…外にあまり目を向けていなかったが世の中はこんなことになっていたのか…

 

 

買い物をササッと終え帰路につく。

 

なんだか意識しないだけで生活がどんどん変わって行く。

 

去年の今頃はぼちぼちコロナが広がり始めていたから一昨年のことを思い出そうとしてみた。

 

そうだ…何もしないで日々過ごしていたせいで何も思い出せないんだった……

 

 

 

何して生きてるんだろうなあ…