書き溜め漂流記

食後すぐ横になるのが好きな人間の毎日。メランコリックと共存しています。

こころは紙一重な話

楽しいことも悲しいこともここには書くけど、色々ふとしたときに

 

やっぱり私は関わった人たちに何かあったときのために遺書を残すべきなのかなと思う。

 

どうせ死なないだろうし、死ねないとは思うけれど。

 

どこかでこんな憂鬱な気持ちと一緒に生きているうちにふとしたとき、何か間違えて死んでしまったらと思うと。

 

死ぬことを”間違えて”と言えるようになっただけ私は少しまともになった気もしている。

 

みんなに謝りたいしありがとうとは言いたい気持ちがある。

 

人のために死ぬわけではないけど

私がいなかったら幸せになれる人は少なからずいるはずだし、人が死んだという事実に喪失感は覚えるかもしれないが、それでも多少なりともプラスになるところはある気がしている。

 

なんでかこんなに知っている人に見られたくないブログを知っている人に見せてしまったこともあって、遺書ってやっぱり必要な気がしてしまう。

 

未練がましいところがあるので、今すぐに死にたいとは思わずとも

何かあったときのためにそれぞれへの想いは伝えるべきなような、それともわからないままにしたほうがいいような。

 

こんなことをまともに話したら人におかしいと思われるのが関の山と思いつつも、自分の胸の内を伝えたいという想いは強い。

 

私はこの先あとどれくらい辛い思いをして辛い思いをさせて生きていくんだろうと考えるとゾッとする。今まだマシな気がするうちにどうにかしたほうがいいとも思う。

 

今はちなみに酔っていない。でも、なんだか、すごく書きたい気分でブログを開いた。

 

何を書きたいかはわからないけれど、ただこうやってアテのない気持ちをフラフラと

 

徒然なるままに書くことが昇華であるなら、意味わかんねーなと思われても、やばいやつだと思われるとしても、書かなきゃいけないと思っている。

 

以前はこんなことを思って、さらに書き残す自分がどうしようもなく許せなくて、苦しかったけど、今は書かなきゃという気持ちに変わっている。

 

私の死にたいという思いが世の中でおかしいと思われるのは、少数派な考えであることの表れだと思っていて、

 

であれば少数派の人がなんとなくこの文章を見たとき、仲間意識みたいなものが芽生えたら少し嬉しい。

 

私は誰かがこういうことを書き垂れ流していたらちょっと嬉しいから。誰かが私の文章を読んで救われたらいいと思う。

 

 

嫌でも、どうせ死にたいと思っても死ねないのであれば、少しでも自分が生きている価値の比重を死んだ場合よりを重くしなくちゃいけない。

 

毎日そういう積み重ねで、気がついたら時間が流れて、また終わったはずの苦しみにぶつかったりして、いつになったら助かるんだろうとか考えたりする。

 

そんな中で私は、書くことしかできない。

 

この気持ちを共有するのはすごく難しい。

 

だから自分が落ち着いているときに文章で残して何か伝えたいと思うんだろうな。

共有できなくてもいいから言葉にはせめてしたいというか。

 

逆にいうと書くという行為で自分を落ち着けているところもある。

 

昼飯をうまそうに食っておきながら、あるタイミングでこんな感情が渦巻くんだから生きるって難しい。

 

 

 

 

 

 

躁鬱と蛍の話

夏が来た。

朝と夕暮れどきにしんみりとしてしまう季節だ。

 

もう今月も半分近く終わってしまった。ぁああぁぁ…

 

例年通り今年もあっという間に終わってしまいそうだな夏。

 

 

実家から突然

「蛍でも見に行ってきなよ」

と、蛍鑑賞会の抽選URLがメールで送られてきた。

とりあえず、なんとなく押してみたら当たってしまったのだが2名1組のチケットで誰と行けというのだろうか。

 

そういえば生まれてから蛍というものを一回も見たことがない。

 

見たい気持ちと、そんなエモーショナルな初体験を一人でしたくない気持ちがぶつかり合っている。

多分少し前だったら絶対行きたい気持ちが勝っていたが、久しぶりに鬱なのだ。

 

何をしても楽しくない、食欲もない、すぐに涙が出そうになる。

定期的に起こってはいたが、しばらくこの感情から解放されて過ごしていたせいで、久しぶりに苦しんでいる。

張っていた糸がぷつんと切れてしまった気分。

 

酒を飲むと危ないので飲みたくても控えている。

 

嘘です、最近めっちゃまた飲んでしまう。

大量の飲酒がバレると周囲の人にはバチクソ怒られるし、やってること自体は自分にとっても最悪なので、コソコソ夜な夜な泣きながら死ぬほど飲んでいる。

前より酒耐性が無くなったこともあって飲酒量は少なく終えることができるがあのゾーンに入ってしまうと辛い。

 

というか最近は飲む前から泣きそうな気持ちになって誤魔化そうと飲んでいる気がする。

(以前はどちらかというと、あ、鬱になりそうだから飲んどこ、に近い)

それに伴い、泥酔して泣きながら綴る特急呪物「呪の書」の執筆も捗っている。

とにかくノートにいろんなことを書きまくる。

ある時からふと思い立って負の感情をノートにぶつけ始めたのだが結構な分量になってきた。

 

不眠も戻ってきてしまった。

しかしやるべきことが朝からあるのでそこだけは頑張る。

 

というか頑張ってないのに私は何を頑張っていると言っているんだ?

気持ちだけ頑張ってあとは何もしていないのに。

 

そんな感じで暑くなってきたけど、美味いビールはなるべく飲まないようにしているのである。

ちょっと飲むと止まらなくなってきたからね。

 

 

ふと思ったが、精神的な苦しみ(精神病と言いたくないのでここではあえてそう書く)というのは、一生付き合っていくものなのだろうか。

時々考えるが、完治という状態はないような気がしてきている。

 

一回出てしまったら、それをその時々で誤魔化しながら生きていくというか。

躁鬱みたいなものをずっと繰り返して少しでも鬱な部分を減らしたり、躁と鬱の差の幅みたいなものを減らしたり。

その作業の繰り返しでしかやっていけないのかなと。

 

ここしばらくは誤魔化せていたものが誤魔化せなくなってきたんだなあ。

 

でもどうだろう。

試しに蛍を観に行ってそこで泣きそうになったら人前だろうがなんだろうが、涙を流してしまったら意外とスッキリしたりして。

 

あえて夏に誰かと楽しむイベントを一人で積極的に参加するのもありなのかもしれない。

 

というか元々なんでも一人で楽しんでいたのだから今更気にすることでもないけど。

荒療治ということで無理やり出かけようと思います。

あと、今話題のスシローも生まれてこの方一度も行ってないから行ってみようかな。

 

何もしたくないわけではないから、ちょっとお出かけした方がいいのかもな。

 

何を言ってるかわからないけど、書いてるうちに向き合い方が上手くなった私えらいと思っている。そんな感じ。

 

ビールが美味しいみたいな話

私は今ビールを飲んでいる。

やらなきゃならない仕事がたっくさんあるのにも関わらず、ビールを飲んでただボケっと記事なんか書いている。

 

しかしこの時間が最高なのだ。

mustを放棄して自分のやりたいことをやっているときの焦りは嫌いじゃない。

この時間を通して私は、よし、がんばろ、と思えるから。

 

自分の健康と自由な時間を求めた結果、フリーランスに近い働き方をしているせいで、その分自分を奮い立たせるのが大変なのだ。

自分次第で仕事量が変わってしまう。

 

というか本当に最近ビールが美味しいと思うようになってしまった。

お酒はかなり避けていたはずなのに、突然4月から暑くなったりするせいで喉越しを求めてしまっている。

ビール腹というものがあるが、あれだけは避けたいのでわざわざ食事の量を減らしてまでキンっキンなビールを飲むほどだ。

いやぁうまい。

これは前みたく酒浸りにならないように気をつけたい。

変化したのは酔いたくて飲んでいるというところからビールが飲みたくて飲んでいるところ。無駄なお酒は一切買わないし摂取しない。

 

あと思うのは、酔ってるときに自分を客観視できるようになったところは褒めたい。

朝めちゃくちゃ早起きしたい気持ちが圧倒的に勝つので、そこまで飲みたいというモチベーションが消えたのはいいことだ。

 

健康とか、自分を大事にするとか、周りを見るとか、なんかそういう一見煩わしいものって自分のためになるんだとつくづく思う今日この頃。

この2年間地獄のような日々を味わったことの方が多かったけど、なんだかスッキリしちゃったなあ。一周回ってスッキリとした毒を吐くやつになったねと言われる。

なんだスッキリとした毒って。

こうやってダラダラ生きるのって楽しい。

だって楽だもん。

毎日穏やかに少しずつ楽しいことがあるのってそれはそれで素敵だし、とりわけ最近の戦争のニュースなんかを見てしまうと一層思う。

イメージは綺麗にナッペされたケーキの表面、なだらかな生クリームの白い表層。

あの上で寝そべっている感じ。

 

でもどこかでちゃんと結果も残したい。

奮い立たせるのは難しい。

それに、人生の前半戦でだいぶドラマティックな生き方をしたせいで燃え尽き症候群気味ではある。

 

幸せとかを考え始めるともうこれ以上はいいかなと思う気もする。

何度か死に向かった経験は良くも悪くも私の器を広げすぎた。

なんでもできる反面、なんもしなくていいという満足感に近い気持ち。

 

 

みんな一人のときなに考えて生きてるんだろう。

 

そんなビール時間。

セブンのわさびめし復活を祝う

いつぶりだろうか、1年ぶりくらい?

久しぶりにセブンイレブンの”わさびめし”を見かけた。

 


f:id:nanatully:20220419073714j:image

 

これが死ぬほど好きで、去年全国のセブンユーザーとして1番と言ってもいいほど買い込んだ気がする。

米をそれほど食べない私が異常なほど消費するきっかけとなったおにぎりだ。

 

同シリーズおにぎりの”かつおめし”もいいのだが私は圧倒的”わさびめし”派。

もしこの二つで争いが起きたら前線で戦ってもいい。それくらいにわさびめしを守りたい。

 

出汁のきいた米をまずは上から一口。

ほんのり茶色がかった米が美しい。

二口目にわさびが顔を出す。

これが、本当に、たまらん。

シャキシャキの食感と甘みを感じつつ、後からツーンとくる。

その後にもうひとかじり、上品な鰹出汁がこの辛さを和らげてくれる。

 

ふわっ、ツーン、ふわっなのだ。

なんだツンデレかお前~~~~!!!!!

 

でも待ってたよ、おかえり。

 

 

コンビニおにぎりならではの硬めの米と、冷めて味が染みているところがもう、料亭の〆に土鍋の炊き込みご飯が出てきて、それを食べきらずおにぎりにしてお土産として持ち帰り、翌日自宅で食べているそれそのもの。

 

つまり、わさびめし115円(税込124.20円)は料亭の味なのだ。

 

セブン様にお願いしたい。

このおにぎりをレギュラーメンバーとして通年販売してほしい(後できたら舞茸おこわも)。

 

このおにぎりと出会ったとき私は日本という国に過去一番心の底から感謝した。

こんなうまくて品のいいにぎり飯を食える国が他にどこにあるんだろうか。

米もかつおもわさびも、日本の魅力でしかない。

 

去年出会ってすぐに心惹かれ、季節が移ろい、別れを告げる間も無く突如陳列棚から姿を消し、意気消沈していた私に伝えたい。

「また会えるよ」と。

 

胃袋にキャパがあるなら1日100個は食べたい。

そして品切れ・再販の嵐で通年販売にしたい。

 

お願いだ。アーモンドミルクラテよりわさびめしをプッシュしまくってくれ~~~~~!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

 

セブンの新商品アーモンドミルクラテの話じゃなくて牛乳の話

やらなくてはならないことを後回しにしている(気がする)。

気がするだけなので実際はやらなくてはならないことなんてないと思うことにする。

 

こんなに天気がいい土日にマストでやらなきゃいけないことなんてないのだ。

 

陽の差す窓辺で朝からコーヒーをいれてタバコを吸うなどする。いつもと変わらない朝の光景だ。

 

そういえば仕事関連の用事で立ち寄ったセブンイレブンに「アーモンドミルクラテ」とかいう新しいコーヒが発売されていた。とりあえずは港区限定らしい。

 

洒落たことしやがって、さすが港区。

 

意識が高い人が多いエリアのせいかセブンも健康志向なアーモンドミルクと店頭で飲める引き立てコーヒーをラテにするなんて需要めっちゃありそうじゃないか。

 

 

しかしアーモンドミルク的なもののブームなんてとっくの昔にやってきていたのだから、すでにあってもおかしくはないような商品だったけど。

 

なんていうんだっけ、牛乳じゃない植物性ミルクを総称したいいかた。植物性ミルクでいいんでしたっけ?

忘れた。

 

私は牛乳をそのまま飲むのがあまり好きではないので、こういった類の牛乳じゃないミルクは結構ありがたい。家でシリアルを食べるときとか、料理するときにも結構重宝している。

牛乳ほどのこっくりした脂肪分を感じる後味はないが、割となんでも合うし主張が強くないのでいつでもサラサラと飲めてしまう。

 

そんな牛乳をそのまま飲むのが嫌いな私だったが、ついに、理想の牛乳と出会ってしまったのだ。

f:id:nanatully:20220411074157j:plain

(もぐナビより引用)

 

マルエツで出会ってなんとなく買ってみたサロベツ牛乳。

この牛乳がすごい!みたいな賞があったら暫定1位に躍り出ること間違いなしの牛乳なのだ。

料理用に購入して、一口試しに飲んでみたところ、そこには千葉県のマザー牧場の情景が広がった…!(ちなみにサロベツはゴリゴリに北海道)

 

なんでこれを買ったかというと、ちょっと高いものを買いたいというのと、わからんがおそらく黄みどり色の気分だった。

 

この牛乳が美味しいと感じるのは私の味覚が変わったのか?それともこの牛乳だからこんなに美味しいのか?

 

その真相を確かめるべく再びマルエツの奥地へと向かった…

 

スーパーで買えるちょっといい牛乳といえば私の中ではよつば牛乳なのでとりあえずそれを購入。よつばシリーズは個人的に牛乳じゃなくてバターが最高なのでぜひ買ってみてほしい。高くてもこれかカルピスバターかエシレバターを買うようにしている。

これらの高級バターはそのままかじっても本当にうまい。

 

値段は忘れたがサロベツ牛乳は、大手の森永おいしい牛乳や明治メグミルクと比べてちょっと高くて、よつばがサロベツより高いという感じだ。

 

高い牛乳と比べてそれより若干安いサロベツ牛乳が美味しいと感じられたらそれはもうサロベツの優勝だ。

 

早速帰って試飲。

 

まずはよつば牛乳。

 

さすが価格が高いだけあってしっかりと脂肪分が感じられる。が、牛乳独特の獣臭的なものがやや気になるので、後味を考えるとどうしても苦手意識が残る。はちみつ入れたり、バナナシェイクにしたらこの濃厚さはいい味を出す気がする。

 

うーん、やっぱり牛乳単体は苦手だ。

 

 

続いて改めて、サロベツ牛乳。

 

もうね、口元に近づけた瞬間の香りが優しい。

春の陽だまりに包まれて、チューリップ畑の中で寝転んでるような気分になる優しい甘い香り。

ここはオランダか?

4月の気候も相まって心穏やかな気持ちになれる。

そして口に運んだとき、まとわりつかずサラリとのめる。

なんて軽やかな牛乳。

後味もミルキーで甘味が強い。ここで石鹸ダヴのパッケージが目に浮かぶ。シルクのようだ…

 

そう、サロベツ牛乳は北海道、千葉、はたまたオランダにP&Gのダヴまで感じることができてしまう最高の牛乳なのだ。もう肌にも塗っちゃいたい。

 

これは料理には勿体無い、そのまま飲まなくてどうする。

 

ちょっと衝撃を受けて、買ったその日にパック丸ごと、直に口をつけて全部飲んでしまった。

私が牛乳パックを一人で飲み切るなんて人生初だ。

そしてその日の就寝前にはしっかり下痢した。

 

 

なんでこんなに美味しいと感じたのかはわからないがリピ決定。

よつば牛乳もおいしくカフェオレと料理にしていただきました。

 

 

話がだいぶ逸れたが、本当はセブンのアーモンドミルクラテについて食レポでもしようと思っていたのだ。

だが、

 

・あまりにもおいしい牛乳と出会ったことをこの記事に冒頭部分を書いてるうちに思い出してうずうずしてしまった

・セブンのアーモンドミルクラテはもう一回買って確かめないといけない点があった

 

ため、一旦レポートは見送ることとする。

 

ちなみに、まだまだアーモンドミルクラテは地域限定にして、試作段階というか様子をかなり伺っているのかなという印象。

港区の民の舌を満足させるラテとなるのだろうか…

 

 

 

 

 

 

 

出会いの季節、水を飲もうの話

ブログ用のTwitterのアカウントを作っていることを忘れて、また新たに独り言を垂れ流すアカウントを追加しようとした。七味が溢れてるアイコンに懐かしさを感じる今日この頃。

 

生活が充実しているせいなのか、特に書きたいことがなくブログを開くのも久しぶり。

 

結局リアルの知人らと繋がっているSNSアカウントって垂れ流しには向いていないから、やっぱりどこかで好き勝手ぼやきたいという気持ち。

 

相変わらずたまにのジムと、自炊は続け、あんだけ生きる糧としていた酒も断ち、早寝早起きの超健康人間になってしまった。

 

仕事に影響されライフスタイルが変わったのと、酒に関しては新しく一緒に仕事を始めた先の周囲の人に死ぬほど怒られたためだ。

酒で迷惑をかけたというよりかは、「自分に”哲学”のない生き方」がよくなかったらしい。

 

どういうことかというと、ただ現実から逃れたい、楽になりたいという理由だけで酒浸りになっている、人生に目的がない生き方をやめろということだった。

 

いやでも生き続けるんだから、酒だけに自分の生きている意味を求めるな、みたいな話だった気がする。

 

当初はなんだかよくわからんし、酒飲んでる方が楽だし(まぁ翌日はしんどいけど)、飲酒は私の趣味なんだけどなぁと思いながら聞き流していた。

 

けど時間と共に仕事でやることが増えたりして強制的に朝型生活をしないと何もかも仕事がなくなって金銭的に破滅!みたいな感じになったのと、飲酒癖が抜ける過程で飲んだ後のしんどさが日増しに強くなっていったことが影響してすっかり一人で死ぬほど飲むことは無くなった。

 

結果的に良かった。あれから掘建小屋風極狭ワンルームから脱し、日当たり良好な家に越してめちゃくちゃいい感じの生活だ。

 

麦茶ボトルなんて目じゃないぜ…

それくらいクオリティ・オブ・ライフは向上したと言える

 

 

最近新しく追加された習慣といえば、購入した水をがぶ飲みするようになったこと。

水道水も飲んでいたが酒がぬけて味覚が正常に戻ったせいかカルキの味が気になってしまう。

前はせいぜいレストランや喫茶店で出された時くらいしか水を飲まなかったが、最近災害用に備蓄する目的もあって常に2Lペットボトルを箱買いしている。

 

ウォーターサーバーを導入しようか迷うくらいだ。

 

朝起きて箱からドンっとペットボトルを出して1日かけてちょこちょこ飲んでいる。

 

そして、嬉しいことに水を飲むようになったせいなのか、足の裏に角質ができにくくなった。

前はカピカピどころか、親指の付け根や踵を指でなぞると河原で拾ってきた石のようの感触を確かめることができた。ザラザラというかゴリゴリというか、後もう少し硬くなったら大根がおろせそうなレベル。

水虫じゃないのに、角質の硬質化がいきすぎて白みを帯び水虫疑惑がかかるほどだった。

 

ところが1ヶ月ほど毎日めちゃくちゃ水を飲むようになったら急激に足の皮が剥けやすくなって、お風呂に入るたびにふやけてペリペリと浮いてくるようになった。

 

ふと触ってみると、赤ちゃんのようとまでは言わないがそこにはちょっとフワッとした踵が。

 

…お?

 

久しぶりにまじまじと見てみるとあのきったない白いガビガビも消えてつるんとした肌色に変化を遂げていた。

 

体が正常に動き始めて代謝が良くなったのか、肌がきれいになったのだ。

 

水ってすごい。

 

生命の源は酒ではなく水であることに気がついてしまった。

 

 

ということで、新年度で酒の席が増えるかと思いますが、水はしっかり飲みましょうね。

 

弱点の話

久しぶりに更新することとする。

 

気がついたら3ヶ月ほど空いていた…。

 

 

どうでもいいことを書こうと思ってパソコンを開いてみた。

 

プレステショーン4にハマっているのだが、私の弱点が分かった。

 

 

右スティックだ。

 

こいつのせいでどうも上手くいかない。視点操作が。なので練習しようと思う。

 

 

それだけ。